道徳指導

旭丘中学校ロゴ777.png


Asahigaoka Junior High School
〒675−1363 兵庫県小野市古川町940番地の1
TEL 0794-63-2750 FAX 0794-63-5170

旭丘中学校 道徳指導

「自己を見つめ、よりよい人間関係をはぐくむ道徳教育」
-言語活動を工夫した授業づくりを通して-

重点努力事項

(1)新学習指導要領の趣旨をふまえた「道徳の時間の年間指導計画」の策定

・道徳教育全体計画・・・・・・・・道徳アンケートをもとに生徒の実態を明確化
・道徳の時間の年間指導計画・・・・ 昨年度の授業記録や生徒アンケートを元にした計画

(2)道徳の授業を通して、教師の生徒指導力の向上をめざす

・本時のねらいと授業の流れが合致した授業
・生徒一人ひとりが自分の思いを語り、互いに認め合う場がある授業
・ローテーション道徳を実施し、同じ題材の指導を繰り返すことによる指導力の向上をはかる

(3)文部科学省「新しい道徳」や兵庫県道徳副読本「心かがやく」を活用した授業づくり

・新たな教材への対応と指導方針の深化
・教師が感動するものより、生徒が共感しやすい資料の開発

(4)人権教育のさらなる拡充

・人権教育に関する映像資料等を積極的に活用し、人権問題に関する正し知識と判断力を育む
・人権問題の啓発、歴史的な背景、現代社会における人権問題を知り、人権感覚を高める。
・社会福祉協議会によるキャップハンディ体験や人権講演会など、校外の人的資源を活用し、幅広い視点に立った人権教育を推進する。
・人権旬間期間中の生徒参加の機会を増やし、人権弁論大会の内容を拡充させる。

(5)読み物教材の資料分析を通して、効果的な教師の発問や板書の研究 

 ・年3回の授業研究会を通して、旭丘中学校の道徳授業の「形」(共通理解事項)を共有する。

具体的な取り組み方法

(1)生徒の実態や学級の様子などを、道徳部で把握

  ⇒年間行事計画に従って参考となる授業略案と資料を、授業の2日前までには授業者に渡す。
   担任経験の少ない教師のためにも、できるだけ早く準備をする。
   授業者は授業案をもとに、各学級の実態を踏まえた授業を準備する。

(2) 授業記録を1つの資料につき授業者1人が輪番で記入、道徳指導部会がファイリング。
(3)道徳アンケートの継続実施

  ⇒担任の指導方針や学級の課題克服に資する。
    soba-set(自尊感情調査)の実施…2学期9月頃を予定

(4)文部科学省から配布された「新しい道徳」を活用した授業の実施。

  県副読本「心かがやく」の家庭での活用…道徳授業参観での活用
  →今年度も新1年生に持ち帰ってもらい、親子で読んでもらう予定

(5)行本美千代先生を招聘、授業研究会…6月8日(月)1年生の担任による授業

   ・年間3回の研究会を予定。
   ・2学期(9月下旬)…山中先生の予定、3学期(1月下旬)…2年生

023.JPG050.JPG03 (5).jpg01poster_ (2).jpgIMG_2179.JPGIMG_2164.JPGIMG_2155.JPG



警報発令時の登校について
旧ページへ
旧ページへ
旧ページへ
生徒指導
生徒指導
学校評価
学校評価
学校評価
生活だより
学年だより
生活だより
保健だより
給食だより
学校施設
校歌/応援歌
アクセス
リンク

旭丘中アルバム旭丘中アルバム